描き手について
Author:ヨシダユキエ
イラストレーター、グラフィックデザイナー
A型XX歳。
大阪府在住
MAC使い(apple addict)
好きなもの:音楽とライブ/雑誌
好きな飲食物:スープと麺類
憧れ:自信のある人
ポジティブな人
最近よく聴いている音楽:
BIGBANGなどのKpop
TOP40な洋楽POP
洋楽ロック全般
声優キャラソンなど
イラストの お仕事募集中です。
ご感想/お問い合わせは→yoshidayukie1@gmail.com

Pixiv ID:yukie_y
メルマガ(楽天)
ヘコムモンの応援お願いします!

下の各ボタンに
ぜひ応援クリックをおねがいします!


ボタンはにほんブログ村のランキングにつながっています。

MYSPACEでヘコムモンと
友達になろう!

MySpace Japan
ヘコムモンのコミュあります!
携帯でヘコムモンを見る
QR コード
このブログから探す!
今までのヘコムモン
最近のコメント
最近のトラックバック
<< 夏の疲れ | main | 理解 >>

ホラー映画


ライン


ホラームービーは、色々あるけれど全然ちゃんと観た事がなかったので、
ちょっと前になりますが、ホラー大好きオタ友不眠ちゃんとホラー大好き恋人Jさんと映画「フローズン」を鑑賞してきた。
ネットでしらべてみたところ、ジャンルがホラーの中でもソリッド・シチュエーション・スリラーというらしいです。ロックの中にもいろいろある、みたいな感じなのでしょうか。

ちゃんと観た事がないだけに、色々想像を膨らませすぎて,正直脳内グロ映像の方が上回った感が否めないのですが、限られたシチュエーションのみで90分演出するというのはすごいのではないかなと…。

ちょっと調子に乗ると痛い目にあうよ!の教訓が最大限に表現されているというか、、、。
やっぱり人間自然には逆らえないし、ズルや悪い事はするもんじゃないですね。
何回心の中で、主要人物3人に「あほやー、この子たちアホやー」って引き止めたか。(笑)
お化けが出てワっ!とか呪いがかかってギャっ!とか、不思議な生命体が出てグワってなるわけではないのですが、絶対にないとも言い切れない舞台なので緊張感が伝わってきやすいのか…ドキドキガクガクしました。
途中にちょいちょい出てくるゴアシーンは目を背けるしかなく。
そこはホラーエキスパートのJさんが「見ないで!」と予告してくれたりね…。
↑思い切り流れが読めている。(笑)
不眠ちゃんもJさんもなかなか楽しんでおられたようで、よかったですが…
あれ以上流血とか極限状態が長い映画は無理かもしれないですな。
心臓に悪いです。途中からずっとタオルに突っ伏してたけども。

先日ロープウェーに乗る機会があったのですが、若干フローズンを思い出して足がすくむ思いになったのでした。こわいこわい。

あと、余談ですが登場人物の彼氏役の人がザックエフロンにどことなく似ているような気がしました。

そうそう、フローズンの映画の宣伝リーフレットを五月女ケイ子さんのすてきなイラストでもって、描かれてるのですがあれがだいぶこころの支えになりましたよ。
あれを観たら,ああ、ホラーって笑っちゃって良いんだなあと思った。

いずれにしても新鮮な経験でありました〜。
さて、第二回ホラー鑑賞会はあるのか?!
このエントリーをはてなブックマークに追加
| 5.【4コマ漫画】ヘコムモン-その他- | 11:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hekomumon.scoopeas.com/trackback/1345178
トラックバック